花粉・ハウスダスト等を分解、暮らしを変える「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」2月23日販売開始

タオル美術館グループDR.C医薬株式会社は共同で開発した「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」を2017年2月23日(木)より、発売開始します。

「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」は、タオル美術館直営店にて販売開始し、以降、全国の百貨店などでも順次販売を開始いたします。

毎日の暮らしの清潔と安全に「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」

タオル美術館グループは「毎日使うタオルだからこそ、最高クラスの品質を」をビジョンとして掲げる。また、DR.C医薬株式会社は感染症・アレルギー疾患治療薬開発を専門とする創薬会社です。

共同開発した「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」は、医師である岡崎成実によって開発された光触媒を進化させた、光がなくても作用するハイブリッド触媒であり、花粉/ハウスダスト/カビ等のタンパク質や、汗/ニオイ/不衛生タンパク質を分解して水に変える、DR.C医薬独自のクリーン技術を使用。

今回、タオル美術館グループが発売する独自の技術でタオルの繊維に「ハイドロ銀チタン®」を配合した「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」は、以下のような場面での使用を想定しています。

<毎日の暮らしの清潔と安全に>
・清潔なお手拭きタオルとして
・食器のふきん、手洗い用のタオルとして

<ニオイ対策に>
・介護・入院時の清潔に
・災害時などで体が洗えない時のニオイ対策
・タオルに付いた加齢臭やわきのニオイも分解消臭

<カビ対策に>
・タオルやふきんのカビ対策に

<花粉・ハウスダスト対策に>
・枕に撒いて枕カバーに
・口に当てて花粉・ハウスダストをブロック

 「ハイドロ銀チタン®タオルシリーズ」は、タオル美術館グループの独自に開発した高級なシャツ生地に用いられる糸と同じ紡績方法の「フルフィーコットン」を使用。2本の糸の中に空気を織り込むコンパクトサイロ紡績で、水に触れた瞬間に素早くたっぷり吸い込み、そして、糸づくりの工程で丁寧に毛羽を処理するから、毛羽立ちや脱毛が少なく使うたびに、いつも上質な心地を目指します。

タオル美術館グループおよび DR.C 医薬は今後もハイドロ銀チタン®テクノロジーを用いた商品を開発していくことで、人々の暮らしの清潔と安心を守って参ります。

※ニュースリリースの情報は発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。予めご了承下さい。

《商品に関するお問い合わせ先》

百貨店売り場での取り扱い関係: 小原株式会社 03-5475-2128
直営店「タオル美術館」での取り扱い関係: 株式会社タオル美術館 03-5447-7001
OEM・オリジナル製品の取扱い関係: 一広株式会社 03-5791-5101
今治市朝倉「タオル美術館」での取り扱い関係: タオル美術館 0898-56-1515
タオル美術館公式オンラインショップ での取り扱い関係: 0898-56-2929
https://www.towelmuseum-shop.jp/

SPONSORED LINKS

ABOUTこの記事をかいたライター・エディター

グッドライフプレス編集部

グッドライフプレス編集部では「生活にグッドな情報、届ける」というコンセプトのもと、ライフスタイル分野のプレスニュースを配信・提供しています。問い合わせはこちらから。
スタイル フード トラベル コラム