ライザップとファミマ、糖質50%低減の初・サンドイッチを発売

ライザップ ファミマのサンドイッチ

ファミリーマートとパーソナルジム大手・RIZAP(ライザップ)は、コラボ商品シリーズから、初のサンドイッチを登場する。

初のサンドイッチ「RIZAP ハムとチーズのサンド」は全国(北海道・沖縄県をのぞく)のファミリーマート、サークルK、サンクスの各店で順次発売されます。

イザップ×ファミマのコラボ商品シリーズから糖質50%低減の初・サンドイッチが登場

初のサンドイッチ「RIZAP ハムとチーズのサンド」はライザップが監修した新作サンドイッチ。ハム、チーズ、ゆで玉子、レタスがサンドされています。

このライザップ×ファミマのサンドイッチでは使用するパンは一般的な食パンに比べ、糖質を50%低減させた。「RIZAP ハムとチーズのサンド」は1食あたりの糖質16.8g、カロリーは245kcal。

ライザップ ファミマのサンドイッチ

価格は298円(税込)で発売され、このほか、新たにライザップ×ファミマのコラボシリーズから、ライザップ監修のスイーツやパンも登場する。

新たなコラボ商品は「RIZAP クリームワッフル」(135円)、「RIZAP ミルクチョコレートプリン」(170円)、「RIZAP くるみロール」(138円)となり、サンドイッチとともに同時に発売開始されています。



ライザップ

ニュース提携元

ライザップ ファミマのサンドイッチ

SPONSORED LINKS

ABOUTこの記事をかいたライター・エディター

グッドライフプレス編集部

グッドライフプレス編集部では「生活にグッドな情報、届ける」というコンセプトのもと、ライフスタイル分野のプレスニュースを配信・提供しています。問い合わせはこちらから。

スタイル フード トラベル コラム