仮想通貨取引所・bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインを導入

仮想通貨取引所・bitFlyer(ビットフライヤー)

今やテレビCM展開も行う国内発の仮想通貨取引所・bitFlyer(ビットフライヤー)は、1月中に新規アルトコインを導入する見込みだ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の代表取締役・加納裕三氏は、自身のTwitterで1月中に新規アルトコインを導入することを明言。詳細は発表されていない。

bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインを導入

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)は6種類の仮想通貨を取り扱っている。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)となっている。

ビットフライヤーは暗号システムや暗号化技術を導入する他、ユーザー側のセキュリティにも配慮したサービスを提供。日本国内初のオンラインウォレットで日本人に親しみのあるウォレットサービスへと成長しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

鈴木タク

ファイナンシャルプランナー。金融・ビスネスコラム担当。

仮想通貨取引所・bitFlyer(ビットフライヤー)

SPONSORED LINKS

ABOUTこの記事をかいたライター・エディター

グッドライフプレス編集部

グッドライフプレス編集部では「生活にグッドな情報、届ける」というコンセプトのもと、ライフスタイル分野のプレスニュースを配信・提供しています。問い合わせはこちらから。
スタイル フード トラベル コラム