お手頃価格の新MacBookが登場?廉価版こと格安PCとして登場か

約10万円のMacbook Airよりお手頃なMacbookが登場する?

台湾メディアのDigiTimesによると、2018年の第4四半期(10月〜12月)に廉価な新型MacBookが登場するかもしれない。

廉価版MacBook、13.3インチのRetinaディスプレイ・約11万円未満で販売か

もともと、お手頃価格の新MacBookが登場する噂がある中で、DigiTimesによればサプライヤー筋からは第4四半期(10月〜12月)の量産開始の情報が入っているという。

詳細については台湾の製造メーカー・Quanta(クアンタ)は、Appleから廉価な新型MacBookの受注を受けているとのこと。

予測では、その製品販売は第4四半期(10月〜12月)に予定されている可能性が高いという。ただ、今現在でこれ以上の情報はない。

MacBook
Image Credit:Apple

さらに、約10万円で購入できる新型MacBook Airなのか、格安PC市場向けの全く新しい廉価版MacBookなのかも判明してない。

なお、廉価な新型MacBookは13.3インチのRetinaディスプレイを搭載し、1000ドル(約11万円)未満で販売されるという。

MacBookは2017年からアップグレードがないため、新たなモデルが登場されてもおかしくはない状況とはなっている。

source:MacRumors、Image:Flickr(salchuiwt)

SPONSORED LINKS

ABOUTこの記事をかいたライター・エディター

グッドライフプレス編集部

グッドライフプレス編集部では「生活にグッドな情報、届ける」というコンセプトのもと、ライフスタイル分野のプレスニュースを配信・提供しています。問い合わせはこちらから。
スタイル フード トラベル コラム