超乾燥地帯「モンゴル」で人気の美容水「さくらの滴」シリーズ、日本で発売へ

モンゴル市場で展開しているスキンケアブランド「さくらの滴」シリーズは2017年2月13日(月)より、日本市場へ本格的に展開される。

株式会社さくら美研は、まったく新しいスキンケアアイテム「高機能美容水」の「さくらの滴」シリーズを日本で本格的に発売し、「ゆらぎ肌」をしっかりとケアし、豊潤肌へ導きます。

春先の不安定な肌状態「ゆらぎ肌」をしっかりとケアする「さくらの滴」シリーズ

化粧水でも美容液でもない、たった1本で潤いを補給、美容液のように美容成分を補い、乳液をつけたような保湿感が体感できる「さくらの滴 保湿美容水」はこれまであった化粧品の概念を覆す、まったく新しいスキンケアアイテム「高機能美容水」です。

リピジュア(R)高配合で、ヒアルロン酸の約2倍の保湿力&持続力、リピジュア(R)を含んだ保護膜が角質層のバリアを補強。肌に優しく敏感肌の方にも安心してご使用できます。

□リピジュア(R)とは

皮膚の細胞膜に近い成分である「リン脂質」をモデルに開発された高機能生体適合成分です。人間の皮膚への順応性の高さから「呼吸する第2の皮膚」と呼ばれています。
元々は、やけどや皮膚炎などの治療のために医療用として開発されたもので、特徴である高い保湿力と抜群のバリア機能でアトピーの治療にも効果が期待できると考えられています。

・うるおい肌のトリプル成分
表皮層の1番外側にある角質層の水分を取り込んで肌内部から水分が蒸発するのを防ぎ、肌の表面の乾燥を守る「ヒアルロン酸Na」。通常のヒアルロン酸よりも角質内保湿力が高く、角質層にしっかりと吸着し、肌の表面に水分をとどめる「アセチルヒアルロン酸Na」のダブル保湿処方に加え、水分を角質層の間に挟み込んで、水分を保持するセラミドとのトリプル効果でお肌をみずみずしく保ちます。

・4つの天然美肌成分
<サトザクラ花エキス>
サトザクラ花エキスが、老化の原因、AGEsにアプローチします。
特に、お肌の酸化と並び老化の原因となる糖化を予防する効果があるほか、コラーゲンの生成を促す効果や、シミの原因となるメラニン生成を抑制する効果があることなどが明らかになっています。

<モモ葉エキス>
皮膚をしっとりなめらかにするエモリエント効果、抗炎症作用、殺菌作用もあるとされており、肌トラブルからお肌を守る効果が期待できます。また、収れん作用により、お肌のキメを整える働きがあります。

<アロエベラエキス>
アロエは「医者いらず」と呼ばれるほどさまざまな効果があるとされ、古くから世界各国で民間薬として利用されてきました。肌のハリを保つコラーゲン生成を促し、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、シミの予防に役立つといわれています。また、保湿効果、鎮静効果、肌荒れを防ぎます。

<ハス胚芽エキス>
ハス胚芽は、漢方などでは2000年以上前から生薬として利用されています。ハスの胚芽から抽出されたエキスには、紫外線から肌を守るだけでなく、メラニンの生成を抑え、さらにできてしまったメラニンの淡色効果があると期待されています。

■商品一覧
<さくらの滴 保湿美容水>
価格  :¥5,500(税抜)
容量  :120ml
商品説明:化粧水でも美容液でもない、「高保湿美容水」です。
化粧水のように潤いを補給、美容液のように美容成分を補い、
乳液をつけたような保湿感により、みずみずしく湧き上がるような
ハリ肌へと導きます。
使用方法:洗顔後、適量を手に取り顔全体にやさしくなじませます。

<さくらの滴 うるおいフェイスウォッシュ>
価格  :¥2,500(税抜)
容量  :120g
商品説明:クリームのようなキメ細かい泡が、お肌のうるおいは逃さず、
適度なさっぱり感でやさしく洗い上げます。
使用方法:手のひらに適量(約1~1.5cm)をとり、十分泡立ててから顔全体を
包み込むように洗います。その後は水かぬるま湯で洗い流します。

SPONSORED LINKS

ABOUTこの記事をかいたライター・エディター

グッドライフプレス編集部

グッドライフプレス編集部では「生活にグッドな情報、届ける」というコンセプトのもと、ライフスタイル分野のプレスニュースを配信・提供しています。問い合わせはこちらから。
スタイル フード トラベル コラム